【おすすめ投資本3選】読みやすさ重視、眠くなる海外著者本なし、読み終えたら投資がしたくなる初心者におすすめ本

こんな人へおすすめの記事
・投資に興味がある
・おすすめ投資本が知りたい
・眠くなる、太い本は無理な方
・お金ほしい

いきなりですが投資は絶対にするべきです。

成功者、お金持ちは必ず投資をしています。

社会人になり手取り20万弱の私は、投資をしていなかった17年間で約500万だった総資産が、投資を始めて3年で1000万までいきました。

投資を始めて加速度的に資産が増えていき、投資をはじめなかていなかったらと思うとぞっとします。

そんな投資に少しでも興味をもってもらいたく3つの本を選びました。

・インベスターZ
・バカでも稼げる「米国株」高配当投資
・本当の自由を手に入れるお金の大学

海外著者の本は、除外しています。
翻訳のせいか周りくどい言い方で眠くなります。
本も分厚く戦意を喪失してきます。

読みやすさ、わかりやすさ重視で3冊選びました。

これらの本を読み終えた後、証券会社に口座を開設しているはずです。

コインチェック

目次

インベスターZ

イベスターZは「ドラゴン桜」でも有名な三田紀房さんの漫画です。

インベスターとは投資家という意味です。

投資についてかかれている漫画は数すくなく、入門書にはぴったりです。
マンガでわかる〜ではなく、がっつり投資漫画です。

まずは漫画から入りましょう。面白く内容が濃いが絵はちょい下手。全21巻

「まず自分の好きな会社の株を買う、これが投資の最初の基本。そして思い切って一歩を踏み出したヤツに神様はちょっとだけご褒美をくれる」というセリフがあります

まさにこれです。

とにかく投資を始めないと、投資へのアンテナが伸びないですよね。

ニュースを見ていても「日経平均がー」「ダウがー」って言われてもなんのこっちゃって感じだと思います。

この漫画でテンションをあげて投資家へのフィールドに上がってください

この本で得られるもの
投資を始めたくなる

漫画自体面白くついつい全部よんでしまいます

実在の実業家がでてきてマインドが知れる

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バフェット太郎さんの著書です。ブロガー、YouTuberでもあります。

中田敦彦のYouTube大学でも紹介されていました。

今では米国株を紹介している本はたくさんありますが、その中でもかなり早くから米国の素晴らしさを発信されていました。

米国会社の優良企業に投資し、配当をもらいその配当をさらに投資に回すという手法がかかれています。

アインシュタインの名言で、「複利は人類による最大の発明だ。 知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う

その最大の発明の「複利」の力を使いましょうという事です。

この本で米国株に投資を始めました。

私たちの身の回りのもの、ほとんどが米国の製品です。
GoogleAmazonFacebookAppleWindows、コカコーラ、P&Gなどなど

これら超一流の優良企業でなおかつ高配当を出している会社に投資するといった感じです。

25年以上配当を維持して出し続けている米国の会社は100社以上
日本はなんと花王の1社だけという

その理由などは本にかかれています。

この本で得られるもの
米国に投資をしたくなる

米国株の強さ、米国が強い背景、どういう会社に投資するのが良いか

高配当の会社一覧

投資のタイミング

投資しないとやばい

配当サイコーやん

本当の自由を手に入れるお金の大学

YouTuberでもある両学長の著書

良質な情報をわかりやすく発信されています。

お金にかかわること全般で、投資以外のこともかかれています。

お金の5つの力、貯める、稼ぐ、増やす、守る、使う
これら全てが1冊の本にのっています。

投資については増やすの項目にのっていますが、それ以外の項目も投資をする上でとても重要になってきます。

まず元手がないと投資できません。
その元手をどうひねり出すか、今の生活を無理なく変えることで実現できます。

オールカラーでとても見やすくわかりやすいです。この本値段が安く、利益度外視してつくられたそうです。

お金に関する入門書はこれ1冊でOK

全ての人にマネーリテラシー(金融知識)を高めて欲しいという思いが伝わってきます。

この本で得られるもの
お金に対してのマインドが変わる

再現性が高いのでその日から実践している

お金が増える

この本を知らない人にすすめたくなる

最後に

資産が多いと人生の選択肢は増えます。

お気楽社員な私
転職した先がブラック企業だった時即辞めできたのも投資で築いた資産があってこそでした。

守る力を身につけていたので支出も少なく、失業保険が出るまで余裕でした
自分に合いそうな仕事の求人が出るまで、ゆっくりしていました。

FIREという言葉が流行っています。早期リタイアの意味で、投資額の年間リターンが支出を上回れば、それで食べていくと言った感じです。

5000万くらいあれば実現できそうですが、そこまで貯めるのも難しい話です。

しかしある程度貯めれば、「定年最後の5年を切り上げてリタイアするといったことは可能になるでしょう。

定年間近の5年は体力的にも能力的にも劣化しているので、その5年を飛ばせるようになるだけで大きいと思います。

今すぐ資格の参考書を横に置いて、この本を読むんだ。こっちのほうがお金持ちへの近道かも



インベスターZはキンドルアンリミテッドで読み放題です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる