エアコン排水 マンションのベランダの排水溝がお隣にある排水対策

このような方におすすめの記事です
  • エアコンの排水がお隣のベランダに流れる
  • 常時排水で汚れが気になる
  • 手っ取り早く解決したい

排水対策をいろいろ試してきました。大きいバケツを用意し排水を貯めて一気に捨てるといった方法が一番でした。

コストも安く、手間もかかりません。

ドレンホース(室外機の排水がでるホース)延長したり、排水レールをつくったりしましたが、めんどくさい作業でした。

バケツ運用で3年間やってきました。気づいた点、やってきた対策などを記載します。

バケツは固いやつではなくシリコンがおすすめです。なるべくでかいバケツで一気に捨てたほうが手間になりません。

38Lまで貯めれるので12時間くらいは余裕です。

目次

隣人排水はトラブルの元?

今住んでいるマンションのベランダは排水溝がお隣のベランダにあります。

飼い猫脱走防止のため、窓をあけずに夏場は24時間エアコンをいれています。

24時間ずっと排水がお隣さんのベランダにいくので、クレームがきたらいやだなと考えました。

自分のベランダにも排水溝はあるのですが、リビングで使用しているエアコンの室外機から遠く、お隣さんのベランダにある排水溝に流れていきます。

そこで色々な方法を試した結果、大きいバケツを用意し、そこに一旦排水を貯めて、一気に捨てるといった方法に落ち着きました。

意外と隣人のエアコン排水で困ってる人が多い

大きなトラブルになる前に対策はしたいところ、隣人トラブルは絶対に防ぎたい。

緊急で対策をたてないといけない場合は、バケツ貯水で対策を。

バケツに排水を貯める 良い点・注意点

バケツにエアコンの排水を貯めることによる良い点と注意点があります。

良い点

  1. 低コストで時間もかからず、すぐに対策できる。
  2. 溜まった水を植物にかけるなど再利用できる。
  3. 排水を一気にすてるので、排水溝までの汚れがなくなる。

注意点

  • バケツに溜まった水を捨てる手間が増える。忘れると当然あふれるのでえらいことに。
  • 単純に手間が増える

溜めた水を捨てる時

最低でも12時間おきには捨てます。

最初はお風呂場で水を捨てていましたが、家からの排水は水道料金が発生するので、自分のベランダの排水溝に捨てるようになりました。

失敗した対策

色々と対策しましたが、自分の環境ではあまりうまくいかなかった対策です。

エアコン排水用レール

エアコンの排水用レールを取り付けました。室外機から排水溝まで遠すぎたため意味をなさなかったです。

排水溝まで近いのなら排水用レールで解決するかもしれません。

ドレンホース延長

ドレンホースを5メートルほど延長してみたが、ほどよい傾斜がつけれず水が流れていきませんでした。
原因は、排水溝までの距離が長すぎたからです。

【夏対策】クーラーのない部屋で寝るための強力アイテム3つ【安価】

最後に

まずはバケツに排水を試してみることをおすすめします。大体は解決するはずです。

なんとか水も再利用したいと思い、水は猫草を育てるのに使いました。

エアコンの電気代について→夏の暑さ対策!クーラーつけっぱなしと、つけたり消したりで電気代がどれだけ変わるかのか



対策商品はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる