iDeCoを2年運用した感想は、非常に使いにくいサービス おすすめしない理由3つ

非常に強力な節税サービスiDeCo

メリットが大きい反面デメリットもあります。

2年間iDeCoを運用した感想は、使いにくいサービスだと感じました。理由は3つ。

  1. 口座開設が面倒
  2. 運用変更が小回りがきかない
  3. 60歳まで資金拘束

1つ1つ解説します。

2年間iDeCoで運用した結果と、iDeCo運用に向いている人、向いてない人も記載します。

iDeCo運用を考えている人は参考にしてください。

目次

口座開設が面倒

iDeCoの口座開設はざっくり以下の流れになります。

STEP
証券会社にiDeCo開設の資料請求

インターネットから資料請求可能

STEP
勤めている会社に書類記入依頼

会社に書類記入、事業所印などを貰う必要がある

これが人によってはハードルが高いかもしれません。

iDeCoって何?から説明しました。

 

私が勤めていた会社はなかなか資料作成してくれませんでした…

毎年会社に在籍確認書類が届くので、そのことも会社に伝えておくこと。

STEP
証券会社に返送
STEP
口座開設

開設まで約1ヶ月~2ヶ月かかる

 

会社を通すのが非常に面倒でした。毎年の更新も全然やってくれなくて会社ともめました。

証券会社はSBI証券、楽天証券を使っています。iDeCoはSBI証券で開設しました。

証券会社は迷ったら楽天証券がおすすめです。ポイントがうまし。

運用変更に小回りがきかない

これが個人的には一番ダメなポイントです。

運用変更に小回りがきかない、どういうことかというと

  • 月々の投資金額を変更したい
  • 投資商品を変更したい
  • 無職になったので停止の手続きがしたい

上記の場合インターネット上でポチポチと変更できず資料請求して記入・返送という手順が必要になります。

資料に記入ミスがあれば郵送で戻ってきて再度郵送。(書留なので戻りの受け取り工数が発生)

2往復しました(その間3週間ほど)

年金機構というお国のシステムがかんでいるため、このような対応にならざるおえないと思われます。

無職になった時、非常にめんどうなシステムだと実感しました。

この経験でiDeCoは今後改善されない限り使用しまいときめました。

60歳まで資金拘束

iDeCoの運用資産は、60歳まで資金が拘束され引き出すことができません。

災害時などには例外的に引き出すことが可能

例外はあるものの、資金拘束がいたいので若いうちはiDeCoの使用はおすすめできない

若いうちはお金を使う選択肢が多いので、NISAでの運用にとどめておくのががおすすめです。

 

40歳くらいから、現金が豊富にあれば始めてもいいかなと思います。

ビットコインなど暗号資産、NFTなどバブルがきているのに指をくわえているしかないです。

まずは資金拘束のないNISAを活用しましょう。

コインチェック

iDeCoに関するみんなの声

2年間iDeCoの運用成績

2019年11月から初めて、約2年間の運用成績です。(現在運用停止中)

米国市場が好調で約18万プラスです。それと税金控除があります。

税金控除はかなりおいしいですね。iDeCoの最大のメリットです。

まとめ

iDeCoはメリット大・デメリット中くらいのサービスかなと感じました。NISAはメリット中・デメリットなし

iDeCoおすすめなひと、おすすめできない人、おすすめ本をまとめました。

iDeCoおすすめな人

  • 40歳以上
  • 無職になる可能性が低い
  • 金融リテラシーが高い
  • iDeCoの知識がある

iDeCoおすすめできない人

  • 20歳~30歳の人
  • 投資資金が少ない人
  • めんどーなやりとりが苦手
  • 転職が多くなりそう、無職になりそう

iDeCoに関することで非常にわかりやすかった本

iDeCoについて図解でとてもわかり易く解説しています。

【おすすめ投資本3選】読みやすさ重視、眠くなる海外著者本なし、読み終えたら投資がしたくなる初心者におすすめ本

コインチェック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる